ブログトップ

今日の心の空模様

fuwako.exblog.jp

<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

なんだか疲れたなぁ

と感じる。
朝は自分で起きれない、授業はサボる…
どうしようもなくぐだぐだなのに、なぜか全身虚脱感。
母親のイライラ・不機嫌も、わたしの気分を伝染させちゃってるのかなと思う。
誰だって、どんよりした子と一緒にいると、それを受けちゃう気がして嫌なものだよね。
結局、自分がしっくりくるペースを掴み損ねてて、どこかで噛み合わない不安や焦りを覚えちゃってるから、すっきりしない気分なんだろうなぁ。
だからこうして、blogで気持ちを整理せざるを得ないんだよね、たぶん。
[PR]
by fu-wako | 2008-01-30 10:34 | 日々の跡

どうしようもなく浮ついてる

自分で自分をコントロールできてないんじゃないか、っていう不安が付きまとう。
これでもかというくらい課題に追われて、毎日毎日掻き立てられて、なんだかちょっと頭がついていかない。
物事だけがどんどん進んで行ってしまって、それをこなすのに必死で、振り返る余裕なんてない。
立ち止まることは以ての外で、本当にただただ消化する日々。
ちょっとでも5分でも時間が自分のタイミングとずれると、それだけで不安が募り、思わず叫び泣きたくなってしまう。

…と途中まで日記を書きながら、朝、電車に乗ってたのだけど…
なんとかレポートが間に合い、その後の打ち上げ鍋も楽しく終わり、めっちゃ満ち足りた気分。
要するに、膨大な量に達するまでありとあらゆる課題を貯めてて、そのどれもが期限ギリギリから始めたために、心底切羽詰まってたという…。
情けない話です。
懲りずに、貯める→直前に焦る→授業をサボって没頭する→なんとか間に合うの繰り返し。
精神的にもよくないのに。
でも、今朝、母に指摘された通り、そんなギリギリの生活をなんとかこなしてる自分に酔ってるだけかも。
こんなに集中力があるんだって、自信を持ってるだけかも。
きちんと早めにやる大切さを頭ではわかっていながら、心のどこかで焦る生活を偉いと思ってるだけかも。
確かにそう思う。
ギリギリになって頑張る自分に満足してる。
でも、それじゃだめ…そう理解できても納得してない部分があって、それが今のスタイルを持続させる原因かも。
考え方を直せないのなら、とりあえず強制的にでも、スタイルを変えるしかない。
回っている駒がいつか止まるように、うまくいってるかに感じる生活だって、いつかはダメになる、きっと。
そのときに挫けないように、がっくりこないように、ちょっとでも気付けたこの瞬間に、ギリギリ生活を転換しなきゃ。
まだまだまだ…と過信してるうちに、思いもしないようなマイナスのことがどんっと降ってくる気がする。

とにかく、明日の朝は早起きして、あさってのテスト勉とレポートに着手して、精神的に落ち着かないと…。
浮かれ過ぎて、ふわふわしちゃってる自分がこわい。
やるべきことをやるべきときにやって、気持ちを安定させないと。
[PR]
by fu-wako | 2008-01-29 21:56 | 日々の跡

先週はずっと実験レポートにかかりきりで
金曜日に出したら今度はゼミ発表の準備
その日にテストもあるし友達に貸すノートに書き込みもしなきゃ
しかもその次の日もレポート出さなきゃで
それはまったく手付かず月曜日の夜はコンパだからできないし
…いつやるんだろう…
水曜日は試写会で
木曜日はテスト3つとレポート1つ
…いつやるんだろう…
でも、ピンチだピンチだって焦っているときは幸せで
な~んにもなくてぐぅたらしてしまうよりも時間の密度は濃くて
なんとなく表情も生き生きしてる気がする、わたし
でも、胃は痛むし親の話は聞き流してしまいがち
やっぱり余裕ないんだなぁって悲しくなる
ともかく
今から大学戻って
ゼミ発表のパワポ資料作って
帰ったら火曜日のレポやって
明日の朝はがっつり早起きしてテスト勉強して
コンパ明けの火曜日も早起きしてレポやって
…無謀なことの積み重ねは打ち崩せない固い壁のようだけど
コツコツとキツツキのように
打ち砕くしかないんだと思う
なんだかんだで金曜日にも2つレポ出せたし
今日だって大学→英検→大学と渡り歩いてるわけだし
と言って自分で自分を励まして
時間にきりきり舞わされながら
それでも気持ちだけはしゃんと保って
真剣にエネルギーを注ぐしかない
本当はまだまだいっぱいやるべきことはあって
就活の情報読むとか
オーディションのためにピアノを弾くとか
院試対策を始めるとか
…でもすべては、怒濤の期末生活を終わらせてから
目の前のことを片付けないことには
怖くて不安で新しいことを始められないから
それにしても限界への挑戦みたいだと
つくづく思う
せめて、今からでもお昼ごはん食べたい
[PR]
by fu-wako | 2008-01-27 15:44 | 日々の跡

なんだかんだで

恋を失ってからもうすぐ1年。
日々の目まぐるしさと、夢中になれる別の対象があったから、まだそんなに時間が経ってないような気がしてました。
でもちゃんと、月日は積み重なり、気持ちもしっとり落ち着き。
でもそろそろ、新しい恋が見つかるといいな~と感じる今日この頃。
[PR]
by fu-wako | 2008-01-26 20:44 | 日々の跡

いましめいましめ

と自分に呟く。
昨日は、レポートをあきらめて12:30にベッドに入ったのに、全然熟睡できなくて…
直前まで実験レポートに躍起になってたから、目が冴えちゃったのね。
うつらうつらしながら時計を見たら1:30、次は2:30…あきらめて3:00に起床。
あんなに現実と夢がごっちゃになって、寝ながらもレポートにうなされたなんて初めて!
ウトウトしながらも頭の中はデータ処理のことでいっぱい…というのはなんとも辛かったです(涙)で、いましめ。
こんなんじゃだめだ!
卒論で泣き目を見てしまうっ!
猛反省する傍らで、友達がひとこと。
「ギリギリのプライムって知ってる?」
「…?」
「何事もギリギリにならないとやれない人のことだよ。」
だって。
や~な指摘っ(苦笑)
でもさすがに、電車の中で必死に携帯で文章を打つのは、精神的にキツかったので、それだけはもう止めようと思います…。
でも無理かなぁ↓↓
テスト期間中に、ゼミコンパ・友達と鍋・試写会の3連遊が待ってるの…。
どうなることやら。
[PR]
by fu-wako | 2008-01-25 16:27 | 日々の跡

格別に…

思い入れがあって手にした本を読み終わったときの爽快感。
清々しいというのか何というのか…。
古文調に綴られる文章に引き込まれ過ぎて、わたしの日記までそんな調子(笑)

いつぞやから気付いたら古き良き時代に憧れるように。
それにつられて読む本もそういう色に。
和物では
『からくりからくさ』
『りかさん』
洋モノでは
『西の魔女が死んだ』
こうくれば多くの人が知っているかも。
大好きな著者、梨木香歩さん。
今まで読んだ彼女のどんな本よりも、ううん、わたしが出会ってきたどんな本よりも素敵で素晴らしい。
『家守綺譚』
何度でも繰り返し、読み終わったこの瞬間にもまた読みたい。
[PR]
by fu-wako | 2008-01-16 12:32 | 日々の跡