ブログトップ

今日の心の空模様

fuwako.exblog.jp

<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

不安は膨らむ。
それもとんどん。
どうしようもなく膨らむ。
今までのいろいろを思い出す。
ひどい風邪を引いたり、原因不明のめまいに悩まされていた母に、わたしは何ができてたんだろうって。
気丈だし、頑張り屋さんだし、弱音も痛みも口にしない母に、甘えて甘えて。
それどころかひどいこともいっぱい言った。
ちっちゃなことかもしれないけど、ちょこちょこ傷つけた。
それは当たり前の母娘関係かもしれないけど、やさしくなかった自分ばかり悔やまれる。
体調悪くて寝込んでた母をひとりにして、学校に行ったこと。
咳込んでつらそうな姿にいらいらしてしまったこと。
魔法ビンにお茶をたっぷり入れて、枕元に置いてあげただけで満足したわたしと、それだけしかしなかったわたしに感謝してくれた母。
つらさを取り除いてあげられなかった。
自分かわいさでやさしく接するゆとりがなかった。
何にもわかってなかった。
むしろ、気を遣わせて遣わせて、つらいのに遣わせた。
そうゆう、やさしくなくて文句ばかり言って、全然大好きなままを支えられなかった自分に胃がうずく。
いくら病気を抱えていても、健康診断でひっかかっても、いつもいつもどうしようもない父と、わがままで勝手なわたしを支えてくれてる母だから、入院なんて大事は考えてなかった。
何かしたくてつらさを拭いたくてたまらない気持ちと、思いやり不足な父への怒りと、ぜんぶがないまぜになってしまって、涙が止まらない。
ポジティブ×2と明るくなろうとする自分と、ひたすら迷い道にずぶずぶ入ってしまう暗い自分の間で、漂い過ぎて気力が途切れる。
誰かに、気のおけない誰かに、ぎゅっと抱きしめてほしい。
[PR]
by fu-wako | 2007-06-11 10:18 | 日々の跡

trytrytry

ちょっとお試し・・・
できるかな、できないかな。
不安だけど作ってみました。
→blogger
すごく楽しい♪
ひょんな理由から新しいサークルを作る機会があって
でもそれが実現するかはわからなくて
内々の趣味の会だから気負わず作っちゃえって思ったりもするので
手始めにその人たちがネット上で集える場をつくろうかなと思ったのです。
エキサイトブログも大好きだけど
何か別の形式を使いたくて
かといってHPをいきなり作成するのは時間的にも技術的にもキャパ超えちゃう
と思い、これにしました。
知ってる人も多いのだろうけど、参考までに
http://www.blogger.com/home


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
何か自分の手で作れるってゆうのは、心が落ち着くだけじゃなくて満ちたりる。
どきどきしながらほっとできる。
ちっちゃい頃から工作が大好きで、それが今になってまた芽吹いてきました。
作りたい、そんな衝動がこみ上げてくるの。
だから、昨日も書いた建築ゼミの課題はたまらなく夢中になれる事柄だし、これから3週間で書き上げなきゃいけない心理学実験のレポートだって、時間とエネルギーをつぎ込んで自分なりの作品を形にできるものだから、やっぱり楽しくなってしまうのです。
「気負わない」
これが、これから大切にしたい自分の軸。
「建築学科じゃないから真剣に取り組んでも意味ない」とか「必死に頑張ったって、素人なんだから笑われちゃうのが関の山」とか考えない。
目の前に道があったら素直に突き進むように、楽しそうなことを見つけたらひとつひとつに真正面から取り組みたい。
恥ずかしいとか無駄だとか思わずに、今目の前にあるのだからという理由だけで必死になりたい。
先のことは、今を頑張れば見えてくる。
そう言われてほっとしたし、自由人でいられる大学生活はあと2年を切ってしまったのだから、余計な考えに左右されないで、やりたいことを見つめ続けて夢中になりたい。
[PR]
by fu-wako | 2007-06-08 15:46 | 音色

デザインプラン

って、なんてゆうか悩みまくるものなのね。
ゼミの課題で
【次世代ミュージアムの構想&設計】
というのがあって、目下取り組み中。
いや、アイディアを形にすることの難解さだけじゃなくて
そもそも頭の中のアイディアを反芻することも難しい。
・・・つまり、もやもやをくっきり、にすることが大変なの。
それはきっと
・デッサンの下手っぴさ
・建築の知識の不足
とか、そうゆう原因も絡んでいるのだけど、
デザインということを自分なりに消化し切れてない証拠な気もするの。
だからとりあえず、
デザインに触れて
目で見て感じる
それしかないのかな~って思います。

この前、渋谷のワタリウム美術館に行って
ブルーノ・タウト展を見てきたのだけど
ますます興味を抱いてしまって
わたしの進みたい道はどこなのでしょう?状態になってしまいました。
ちっちゃい頃、よくうちのぱぱが「建築家になるのはいいぞ~」って言ってました。
その根拠はどこ?っていう感じなのだけど、その頃の洗脳が今になって効果を発揮してる気がしてなりません、・・・。
おっきいこと、もっと先のことを考えてもらちが明かないので、ひとまず没頭しようと思います。
・次世代ミュージアムの構想
・ピアノ
どっちも、自分を表現するためのツールであり、表現された自分が投影された作品だって感じる。
・・・
とか完結させようとしても、夕方からのゼミが不安です。
正直、デッサンひどすぎ。
立体感なさすぎ。
隈研吾の「新・建築入門」が猛烈に読みたいな。
あと、写真集とかいろいろいっぱい。
でも、形から入るのはわたしの悪い癖で、そのせいで実践になかなか取り組めないという大きな欠点を抱えてるので、あ~だこ~だつべこべ言わずに、真剣に課題に取り組むことにひたむきになろうと思う。
[PR]
by fu-wako | 2007-06-06 14:56 | 日々の跡