ブログトップ

今日の心の空模様

fuwako.exblog.jp

<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

両手いっぱいの想い

とろけるようにねむたい。
ねむたくてねむたくて、レポートがはかどらない。
つまらないけど、大切なこと・・・レポが終わらない・・・。
いくら伸ばし伸ばしなわたしでも、1日前でこの状況は相当やばい。
こんな状況は、始まって以来だ。

始まったのに、かなり猛スピードで終わってしまったものがある。
学園祭。
ほんとに猛スピードだった。
じゅびゅん、と、わたしの前からいなくなってしまった。
感傷にひたりすぎなんじゃないか、って自分でも思うけど。
でもやっぱり、いろんな気持ちを注ぎ込んでたから。
誰かを想う好きな気持ちも、振り向いてほしいというけなげな想いも、注いでたから。
「あなたがいたからがんばれる」
ほんとにそうでした。
名前は出さないけど、あなたがいたからがんばった。
ほめてほしくてがんばった。
振り向いてほしくてそばにいようとした。
だからどうなってほしいとか、そういう発展的な気持ちはさっぱりなく、ただただ今を輝かせたくて、その人との今をしあわせで満たしたくて、がんばった。
学園祭実行委員でがんばってたわたしには、そんな気持ちの支えがあったこと、誰も知らない。
誰にも言わないし、これからも内緒。
でも、そうなんだ。
彼がいたから、こんなにも学園祭にはまった。
彼がひたむきに立ち向かうから、刺激された。
彼とか、あなたとか、そんな呼び方が似合うようなかっこいいスマートな人じゃないけど、わたしにとっては柱であり、輝きだった。
人に認めてほしいという思いで、こんなにもがんばれる自分が不思議でしょうがない。
この頑張りが、ピアノとか勉強とか、そういうものに向けばどんなにいいのだろう・・・って真剣に思う。

今日、学園祭が終わってからはじめて会って、やっぱりうれしかった。
ただなんとなく、うれしかった。
すごく、でもなく、はしゃぎたくなるほどしあわせでもなく、でもやっぱりそばに近づこうとしてしまった。
好きなんだよね、きっと。
自分の気持ちをまだきちんと正面から受け止めてないけど、大好きだ、きっと。
だからって、この気持ちを膨らまそうとか、発展させようとか思わない。
だって、いつも物事は100から始めるのではなく1から始まるものだから。
あせって急いで100にする必要はなくて、じっくり1つずつ増やしていけばいいものだから。
[PR]
by fu-wako | 2006-11-29 14:54 | 恋水

うっぷんのワケ

気持ち悪い。
食べ過ぎか、はたまた食べ過ぎたことへの罪悪感か…。
どっちもなのかもしれない。
ただただ、胸がむかむかする。
すっきりしない。
もやもやしてる。
欲求不満かな。
何か足りない、欠けてる気がする。
満ち足りない。
大きな不満はないのに、どこか満足できない。
何がって、理由はわからない。
わかるような気もするけど…。

10月に入ってから、安定してる日々なのに、食欲だけが安定しない。
きちんと好きなことをして、本を飲み込むように読み続け、映画を満喫して。
それなのに、どこか不安定。
一点の曇りが拭えない。
太ってしまった。
身体が重たい。
どこかだるい。
むくみのせいで、すっきりしない。
食べることを我慢できない。
身体に悪いむちゃ食いをしてしまう。
ほんとに、我慢ができない。
過食になってしまうんじゃないかって、時々ほんとに不安になる。
おいしいとかおいしくないとか、ゆっくりかみ締めて味わう間もなく、無意識に飲み込み食べ続けてしまってるみたいで怖くなる。

我慢を、したい。
きちんと自分をsaveしたい。
食欲をコントロールしたい。
かみ締めて味わって、きちんと食したい。
運動をして、ストレッチを続けて、スリムになりたい。
ちょっと(かなり…?)気になる人に、引け目を感じずに済むように、自分で自信を持てる身体になりたい。
まっさらな身体で、大好きだからって叫べるような、さらりときれいな身体になりたい。

我慢が、できない。
ノーミスで演技をしたいと、フィギュアの浅田真央選手はいつも言ってる。
すごいって思う。
素敵だ。
ピアノを弾いてて、そんなふうに思ったことがない。
ミスをしないように、完璧に、きっちりと、だなんて…。
思ったこともなかったから、そんなふうに頑張ったこともなかった。
生活だってそう。
これとこれを絶対終わらせよう、とか強く思わない。
朝は絶対5時に起きるんだって、決意して努力してたのは中学の頃。
ずんずんだらしなくなって、朝の眠さや寒さを我慢できなくなってる。
決意なんて、達成できなくなったらいやだから、しない。
決意も宣言も。
だから英検だって、ピアノのコンクールだって、落ち続けてる。
バイトの面接だって、試験だって。
絶対こうしてやろう、っていう目標の立て方が甘い。
甘過ぎて、決意になんてほど遠い。
うまくいかないことがいやでたまらないから、自分にプレッシャーをかけないようにしてた。
知らず知らずの間に、どんどん辛いことを避けようとしてる。
逆境を避けまくってる。
人生を甘く転がそうとしてる。
どうにかなるやっていうポジティブな頑張りを隅に追いやって、これくらいでいいやっていう中途半端な空気をまとい過ぎた。
だから、我慢できない症候群なんかになってしまったんだ。
抜けださなきゃ、早く。
今、変わらないと変われない。
ぜんっぜん気付かないうちに感染してしまって、身体の調整がおかしくなって初めて、はっとなった。
やばい、まったく我慢を頑張ってない。
あまりに厳し過ぎるのは、バランスを崩すきっかけになってしまうけど、それを口実に逃げてばかりいると、返って身体に悪い。
我慢の後にくるおいしいご褒美から目を背けて、目の前にある楽な道を走り、まずい毒を食べ続けるのはいけない。
目の前の壁を、避けちゃだめだ。
[PR]
by fu-wako | 2006-11-06 12:02 | 日々の跡