ブログトップ

今日の心の空模様

fuwako.exblog.jp

<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

恋へのあこがれ

最近ずっと晴天続き。
いいね、いいね♪
晴れの日、ダイスキ。
クリアブルーの空と、降り注ぐ木洩れ日。
たまんない!
ただ、むしむし湿気が高いと、こころのバランスが危うくなってきちゃう…。
ただ漠然とした不安に駆られるような、どうしようもなくイヤな不快感に襲われる。
なんでかな、わかんない。
ただ、理由もなくいらいらしたり…。
こんな日は、誰かが隣りにいてくれると、不思議と落ち着くの。
最近、ほんとにいろんな人が好きです。
たまにメールをくれる友達や、毎日学校で会う友達。
気負わずに、ぽんぽん言葉のキャッチボールができる友達や、ちょっとネコをかぶって接するのがちょうど心地いい友達。
安らげる日だまりのように、友達と過ごせる時間はあたたかくて…。
よくわからないくらい、柔らかい幸せな気持ちになるなぁ。
かなりのさびしがりだよね。
時にはもちろんイライラしちゃうし、付き合い方に失敗して凹むこともしばしば。
でも、それでも、やっぱり人が好き。
誰か特別な1人のために、全愛情を注ぐしあわせは味わったことがないけど…
その分、たくさんの人にちょっとずつ恋をして。
恋をしましたっていう証明書つきの恋愛には、さっぱり縁がなくて、それはコンプレックスだったり、わたしの最大の弱みでもあったり…。
だって、かっこいいアドバイスができないもの。
恋になり損なったちっちゃな思い出は、わたしにとってどんなに大切でも、世間一般からすれば子供っぽいんだろうなぁ、とか思うと、なかなか自信が持てないけど…
でも、それはそうとして、いろんな人に触れ合って、素敵な人にたくさん出会えて、いっぱいの人にこっそり憧れることができた時間は、自分にとってかけがえがないなって思います。
これからはもちろん、恋らしい恋をしてみたいし、切なくて涙を流したり、誰かをたまらなく愛しく思うような恋をしてみたい。
ひとりの人を想い、喜んだり悲しんだりしながら、誰か大切な人と付き合ってみたい。
でもそれには、わたしの努力がまだまだ必要…いつ叶うかな。
[PR]
by fu-wako | 2006-06-30 19:43 | 恋水

次につながるちっちゃな一歩

最近、ブログに日記を書くことが、気持ちの入れ替えにつながってます。
帰りの電車の中、ひたすら両手の親指を動かして…。
少ない語彙力だから、うまく気持ちが表現できなくて大変なんだけどね。
今日は、ゆったりとしながらも、いろいろ頑張った1日でした。
恋、以外は。
1限もまじめに受けて、いろんな知識を吸収できたのは満足です。
あらためて、進学先に迷いが…。
認知心理学、おもしろそうだなぁ。
人間の判断・思考について、脳機能からそのメカニズムを探る。
う~ん、やっぱり魅力的!
チンパンジーとかサルでの実験は、動物学に興味あるわたしとしては、かなり憧れ。
今日の授業の先生、すごく好きな先生なんだけど、その方の出身が文学部心理学科。
うわぁ、迷う迷う。
文学部心理学科は認知心理学がメインで、わたしがもうひとつ学んでみたい臨床心理学は扱ってないの…。
しかも、文学部よりも教育学部の方がアットホームで自由みたい…。
どっちに進もう…。
困っちゃった。
院のことも考えると、その大好きな先生と同じ道をたどるべきか。
ここはひとつ、その先生に聞くべきなのはわかってるんだけど、勇気がなくて…。
これがわたしの悪い癖。
自分から踏み出せない。
応対が冷たかったらどうしよう、とか考えちゃう。
不安と怖い気持ちに負けてしまう。
当たって砕けても、失うものは何もないのに、ね。
臆病極まりないの。
だから結局、運動系サークルにも入らずじまいです。
バドミントン、やりたかったんだけどな。
うわ~、またこまこまと悔やみ始めてしまった。
悔やんでばっかじゃなくて、踏み出さなきゃ、一歩。
やってみなきゃ始まらないから、恋も新しい試みも。
お昼ご飯を友達とベンチで食べたことも、図書館でレポートを仕上げたことも、細やかだけど新鮮で、新しい一歩を踏み出せたみたいでうれしかった。
きっと最近は、なかなか言えなかった心の奥の気持ちも、ちょっとずつ言えるようになってる。
でもやっぱり、与えることより与えてもらうことを考えちゃってるかな。
いい恋がしたい。
ちっちゃくてもしあわせで、そっとぎゅっと抱きしめ合えるような、やわらかくてまあるい恋。
降って来ないかな。(やっぱり他力本願?…笑)
[PR]
by fu-wako | 2006-06-27 20:16 | 日々の跡

マイ・ライフ

最近、あまり図書館に行ってないなぁ。
工事中っていうのも、ちょっとネック。
遠回りするのが面倒なの~(笑)
さっき、1週間ぶりに図書館へ。
外はもう真っ暗で、図書館だけが明るくて。
そういうの大好きです。
闇夜に咲く一輪の花、みたいな。
とっぷりした暗闇に、ひっそり浮かぶ白い花。
そんなイメージだったな。
うん、とにかくすごく好きな雰囲気でした。
日中と違って、勉強に打ち込んでる人が多いのも魅力的☆
やる気でるわ。
やっぱり図書館っていいと思う。
異空間な感じがするから。
喧騒から逃れられるというか…。
独特の落ち着きがあって。
でもテスト前は混んで混んでどうしようもないからイヤなの!
普段の、日常の図書館が好き。
と力説しつつ、今年に入ってから3か月も経つのに、数えられるくらいしか行ってないなんて…。
なんだかへこんじゃう。
ちょっと、意思が弱いわ、自分。
今日だって、4限は図書館でお勉強する予定だったのに。
ずるずると委員会室で残ってしまって…。
確かに雑務は片付いたけど、なんだか不毛な時間を過ごしてしまった気分。
苦い後悔です。
ここで思いっきり反省。
めりはりのある生き方がしたいのに。
いろんなことをぎゅっと詰め込んだ、充実感たっぷりの生活が理想なのに!
…だめだなぁ、もう(涙)
こうやって自己嫌悪に陥って、後悔して反省して…とことんへこむ。
そして、誓う。
明日からはこんなふうに過ごそうって。
くよくよ考える割に、どこか抜けててポジティブなのが、案外イイんだと思う。
スイッチの切替えは下手でも、次こそは上手にやろうって闘志を燃やせるから、失敗も灰になって飛んでいってくれる。
そんな気がします。
いっぱいね、悔やんだよ、今まで。
これからもきっと悔やむ。
泣いてしまうし、胸が苦しくなることもたくさんある。
でもやっぱり、顔を上げて前を向いていれば、何かちっちゃな輝きも見落とさずに済む気がする。
頑張れる気がする☆

とりあえず…
今日は家に着いたら軽くごはんを食べて、ピアノを弾いて、お風呂に入ろう。
そしたら、少し勉強してぐっすり眠って…。
明日は早起きしてみよう。
レポートを片付けたいしネ。
明日は1限からだから、めりはりは抜群。
スポーツで汗を流して、大好きな人をちょっと見つめて、大好きな友達とお昼を食べて。
図書館に行こうっと♪
[PR]
by fu-wako | 2006-06-26 21:08 | 日々の跡

ゆとり。

何かに追われていると、知らず知らずのうちに視野が狭くなっちゃう。
庭の花を愛でたり、雑草を抜いたり、そんな余裕がなくなってしまう。
離れて暮らすおじいちゃん・おばあちゃんに、こころが向かなくなってしまう。
あんなにも可愛がってもらって、心もお金も愛情もたっぷり注いでくれた、大切な大切な家族のことを、考えられなくなってしまう。
90歳近くの2人が、ぼけてしまうこともなく、元気でしゃんっと暮らしているなんて、ほんとにほんとにすごいことなのに…。
愚痴も言わず、不満もこぼさず、わたしたちに遠慮してるかもしれないおじいちゃんとおばあちゃん。
離れて暮らすわたしたちに迷惑をかけないようにと、すごくすごく気を遣っているかもしれない。
さみしさを我慢して、楽しくない毎日を過ごしてるのかもしれない。
若いわたしたちと隔たりを感じながら、2人だけで頑張ってるすごい祖父母に、わたしは何にもできてない。
ちっちゃい頃は、うれしくてうれしくて、喜び勇んでかけた電話も、最近は掛かってくるのを待つ一方。
掛かってきても、なんとなくわずらわしく感じてしまって、あっさり切ってしまう自分。
わたしが2人の立場だったら、ほんとにさみしくてたまらないし、暇さえあれば電話をかけたくなるのに…。
一緒にいてほしいって泣き付いてしまうかもしれないのに…。
非情だ、わたし。
冷たいよね、こんなの。
大好きな人に何もできてない。
与えてもらうことばかり考えて、与えることを忘れちゃってる。
自分が元気で幸せになることばかりに気をとられて、誰かに笑ってもらおうとすることを忘れてる。
一生懸命に頑張りながらも、家族や他人にこころを巡らせて、広い目で周りを見渡すことができたら…。
いつもこころにゆとりを持って、ほんとのやさしさを忘れないように暮らせたら…。
自分も周りもhappyで、二重の幸せを掴めるのかなと思います。

明日の朝、ばぁばにTEL入れ決定です。
[PR]
by fu-wako | 2006-06-26 00:31 | 日々の跡

ときめき

今日はうれしい日でした。
こころがふんわり温かくなって。
今でもにやけちゃいそうな…。
すごくしあわせでした。
ちっちゃなことなのに、こんなに幸せって持続するのね。

大したことじゃなくって…空き時間に構内をふら~っと歩いてました。
あぁ、あの人に会いたいなって、一瞬とても強く思ったら…
思ったのに、なぜかぼぉっとしてて…
ふわって気持ちがどこかに飛んじゃってたら…
気付いたら目の前にその人がいたのでした。
なんだか信じられなくて、どきっとすることもできず、ふわ~っと気持ちが漂ってしまって。
小さな声をもらすことしかできなかったです。
ふんわり笑えたかな。
心配です。
その一瞬、周りの景色や時間がすべて止まって、自分とその人だけがそこにいるような、そんな不思議な気分でした。
不思議すぎて、ほんの一瞬がとても長く感じられて。
そのわりには、敏捷に反応できなくて…。
うれしくてたまらないのに、立ち止まって話したかったのに、何もできませんでした。
切ない。
でもうれしい。
うれしくて信じられなくて、自分が超能力者になった気がしたの(笑)
会いたい気持ちで、引き寄せることができたのかも、って。
すごいパワーだわって、自分でびっくりしちゃったの。
会いたいのに週1回しか会えなくて、会えても距離は縮まらなくて。
もどかしいのに、どうしようもなくて。
ただ気付くと会いたくなる。
ぐるぐるそんなことを考えてたら、ほんとにばったり会えて。
なんだか照れたような笑顔は、わたしのheartを立派に鷲掴みにしてくれちゃって…。
それから1時間は、夢見心地でした。
そしてまた、また会えないかなって強く思ったら、遠くから歩いてくる男の子が…。
またまた彼でした。
でも今度は、向こうが全然気がつかなくて。
声をかけそびれてしまいました。
でも、それでもうれしかった。
声を上手にかけられなくて失敗するのが怖いから、そっと目で追うことしかできなかったけど。
ちょっと猫背気味に疲れたように歩く姿を、そっと振り返る勇気しかなかったけど、十分にhappyでした。
なんだか子供だよね。
子供っぽくて恥ずかしくなっちゃうけど…。
こんなにちっちゃなできごとで、こんなにもhappyになれるなら、やっぱり毎日輝いてるって信じられます。
つまらないって思う日も、いいこと全然ないって落ち込んじゃう日もあるけど、でもやっぱり毎日にはこんなにドキドキが隠れてるから魅力的!って思えます。
今、あの照れた笑顔をふっと思い出すと、やっぱりこころがまあるくなります。
それに対してわたしは、ちゃんと弾けるような・ひまわりみたいに明るい笑顔ができたかなって、すごく不安になるけど…。
来週まで、幸せは持続しそうです。
そうしたらまた、来週の火曜日も頑張れるような気がします♪

それにしても…
どうしてああいう人なのでしょう。
女の子にがめつくなくて、彼女がいてもいなくてもどっちでも関係ないような、さらっとした人をわたしは好きなのでしょう…。
こっちの気持ちにはまったく気付かないような、気付いたとしても気に止めないような、全然わたしに興味を持ってくれなさそうな、進展に期待できない人なのでしょう…。
頑張ってもすぐには成果が得られなくて。
うまくいく見込みがないような、それ以前にまったく何も起こりそうにない人に恋しちゃってるのか不思議になります。
だって、ちょっと頑張れば振り向いてくれるような人ではないから、いつまで続くかわからないくらい、片思いし続けなきゃなのに。
きっとずっと、すごく切ないのに。
不思議です。
[PR]
by fu-wako | 2006-06-20 19:36 | 恋水

胸の内。

バランスが軽く揺らぐ。
スピッツの「楓」を聴くと、必ず泣きそうになる。
胸がきゅんっときしむ。
いろんなことを思い出す。
いろんなことが頭の中を駆け巡る。
なんとか保っている平常心が、ぐらっとなる。
しつこいくらい、昔の反省とかしちゃう。
くどいくらい、好きな人への対応を反省してしまう。
頑張っても頑張っても距離は縮まらず、時間だけが縮まってゆく。
淡々と過ぎてゆく日々はきらい。
じっくりと、色濃い毎日を送りたい。
そう思っていても、ふと気付くと、日々は駆け足に過ぎさっていて、ムショウにやるせなくなる。
切なくなる。
泣きたくなる。
何もかも放り出して、思いっきり駆け出したくなる。
楓を聴くと、いつもこんな気持ちになる。
ほんの一瞬、自分が悲劇のヒロインになったような気分になる。
どんなに微笑んでも、どんなにはしゃいでも、振り返らないその人を好きなのに、ほんとは誰を1番好きなのかわからなくなる。
1番が決められない。
たくさんの人が素敵に見えて、たくさんの人が愛しくなるから、特別な人がたくさんできてしまうから、ひとりの誰かにまっすぐに恋ができない。
一途になれない。
相手のベクトルがわたし以外の誰かに出てるときは、不安になってその人だけを見つめることができない。
一途に、その人だけを好きになれる人達が、不思議でもあり、うらやましいなって感じる。
ふぅ…なんだかすっきり。
いつかこの日記を読み返すとき、となりに大好きな人・最愛の人がいるといいな。
[PR]
by fu-wako | 2006-06-14 09:54 | 日々の跡

センチメンタル。

ちょっとさみしい。
いや、かなりかな。
委員会のみんなが合宿に行っちゃってて、大好きなみんなと同じ時間を過ごせないのがさみしい。
孤独じゃなくて・・・疎外感っていうのかな?
ひとり置いていかれちゃったような、そんなさみしさ。
さみしい、さみしい、って連呼するのはいやなので、そっとキーボードで打ち込んでると・・・さみしさ、やわらがないょ~。
もう!(涙)
早く夜になって、早く寝て、早く明日になって、早く月曜日がきてほしい。
みんなと離れたとこで違う時間を過ごしながら、「今頃どんな感じかな」とか考えちゃいたくないもん。
だから、早く考えなくて済む時間になってほしいな。

意外と自分が究極のさみしがりやだったことに・・・気づいちゃった。
[PR]
by fu-wako | 2006-06-10 14:38 | 日々の跡

むり…

昨日、夜更かしし過ぎて…
小学生並みの規則正しさで生活してるわたしの身体は、ほんとに限界…(笑)
ねむすぎます。
まぶた閉じてきます。
目がしょぼしょぼして開かない…!
もうだめ。
なので寝ます。
ぐ~…
[PR]
by fu-wako | 2006-06-06 23:31 | 日々の跡

大切なこと

他人は我が身を写す鏡
それを通して自分を見る
あの人の味方は赤がかっていると思えば、それを差し引いて見ればいい
周りの環境をうまく利用すること
他人がいることによって、自分が引き出されることがある
他人に惑わされることもある
よく人を見ること

--*--*--*--*--*--
くよくよ愚痴ばかりを言っている人生よりも、そうしてよかったと思える人生にした方がいい
そうするのは自分次第
他の人と比べて劣っているように感じても、そのときは気付けなかった、その時の最大限で精一杯頑張ったんだと思えばいい
そうやってよかったと思える過ごし方をするのが大切
やってみてどう感じるかは自分次第
感じ方は自分の気持ちの持ち方次第
そのときの失敗や後悔は、次に何かをするときの原動力になる 
今それをやってよかった
そう思える生き方をすること

--*--*--*--*--*--

昨日、しばらくぶりにピアノのレッスンに行って来ました。
得るものは本当に大きかったです。
上記の文章は、先生がおっしゃっていた言葉です。
噛み締めながら聞き、味わいながら思い出しつつ、文字にしてみました。
大切なことをたくさん教えてくれる両親と同じくらい、大切なことをたくさん与えてくださる先生です。
行ってよかった、心からそう思った1日でした。
[PR]
by fu-wako | 2006-06-01 20:46 | 日々の跡