ブログトップ

今日の心の空模様

fuwako.exblog.jp

カテゴリ:本のいろは( 3 )

うつろい

『恋のたまご』を読む読む。
ずきっとくる。
重なる、びびびって。
最近、何を読んでも、自分に重ねてしまう。
おかしい、かな?
恋する自分に酔いたいだけ?
わからないけど、今までとちょっと違う、次のステップに進んだって感じる。
前を向こう、笑おう、そう思う。
[PR]
by fu-wako | 2009-08-01 20:58 | 本のいろは

Flow with it.

心が、ほろり。
…ぽろり、かな?
とっても感動した本のこと、ちょっと書きます。
こんな本に出会えたことがうれしくて、今、とってもハッピー。
その本とは…

吉本由美 「天使の樹 (エンジェル ツリー)」

すごくいい。
とてもいい。
言葉で表現すると、なんだか内容がうまく伝えられなくて、うすっぺらになるような気がしちゃう。
なんていうのかな、すごく心がほわってなるの。
涙は出ないけど、心がほろり、とするような。
かみ締めてかみ締めて、何度でも読み直したいな、と思える1冊です。

     Flow with it
          流れに任せる
             (「天使の樹」より) 
[PR]
by fu-wako | 2005-10-29 22:27 | 本のいろは

こころがほっとする1冊

岡田恵和  「redez-vous ランデブー」

 この本は、すごく泣ける訳でもなく、恋についてどっぷり語られたものでもないけど、とても素敵な1冊でした。
読んでいる間も、読み終わった後も、なんだか心がゆるんで、すごくほっとした気持ちになれました。

 その中でも、特に気に入った文章を紹介☆

「ワイルドサイドを歩こうよ。」
「恋とは魔法のようなものだ。その魔法は、人を時に美しく、時には醜くさえ変えてしまう。苦しくて切ない。・・・でも、それ以上の喜びと幸せを感じられるかもしれない。」

登場人物は、男の人が2人に女の人が2人。
この4人に加え、魅力的かつ個性的な人たちが物語に華を添えます。
初めにも書いた通り、確かにすごく感動するとか、お腹の皮がよじれるくらいおもしろい、とかそういう作品ではないけれど、どこか惹き付けるものがありました。

おためしくださいな♪
[PR]
by fu-wako | 2005-10-21 06:48 | 本のいろは