ブログトップ

今日の心の空模様

fuwako.exblog.jp

つぶやけばつぶやくほど

どうやってこの気持ちにピリオドを打って終わらせればいいんだろう
どうやって今のみぞおちの重さをどうにかすればいいんだろう
誰かが何かをしてくれるわけじゃないくて,
自分が変わって,自分で変えていかなければ。

本当にかなり引いて自分を見てみると,
初めはとっつきにくいなーと思った人が,別の研究室仲間と仲良く話していて興味を持ち,
話しかけてみたけどそのときは何とも思わず,
3月くらいもまだ何とも全然思わず,
一目ぼれではないことだけは確か。
かっこいいとか,魅力的とか,そういう意味付けはもっと経ってから,
じわりじわりときたような。

ふと気づいたら,席が目の前に来てて,
そのときかなり,どきっとして意識をした。
なんだなんだ,と。
好意のようなあたたかさを,その言動に,目に,表情に感じるようになった頃と,
たくさん話して,2人でご飯を食べに行くことが増えたあたりがリンクする。
気持ちが,思いが,話が,興味の対象が,ひとつひとつがどこか似ていて,どこかクロスしていて,
そのことがうれしくて,
それを確かめられる相手ができて本当にうれしくて,
やや浮かれ始めたのが梅雨頃?

その後,その人が他の人と仲良く話すたびに胸がうずき,
言葉や動きの端々を意識し,過敏になり,
自分の汚い部分が目につくようになり,
やきもちとか,ジレンマを感じるようになったのが夏休み。

でも,すーっと通じ合う楽しさ,喜び,そういうものに支えられ,
毎日がキラキラし始めたのもその頃。
その一方で,いろいろ傷つく事が増えて,しんどいことも増えて,
自分がその人に抱く対抗心(研究の)にさいなまれてもうやめたいと思ったのも夏休み。

それからようやく解放されて,
その人はその人,わたしはわたし。
いつかは同じようなゴールを見て,同じような夢を描いて,一緒に歩んでいけたらさぞいいなーと思い,
期待をし,膨らませ,言葉じりや目線に意味をもたせ,独り相撲が加速したのが夏休みの後半。
学会中のやりとり,その人がさそってくれたイベント,楽しい場,
時間を共有すること,楽しさを語り合うこと,そのすべてがしあわせで,
完全に夢を見た,独りよがりの,覚めたらみじめで悲しい夢。

今そこから覚めさせられて,とってもじゃないけど立ち直れていない。
泣きたい,思いっきりはきたい,どこかに行っちゃいたい,逃げたい,ここから消えたい。
何かに溶けて,なくなってしまいたい。
普通の日々を,たんたんと送らなければいけないあさってからが,
思い描いただけでつらい。

そう思う一方で,かわいそうな自分をあっためそうな自分のずるさに,ちょっとずつ気づきつつあるのもまた事実。
つらい。
[PR]
by fu-wako | 2009-10-17 16:35 | 恋水
<< 少し落ち着いてきた こんなふうに >>