「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

今日の心の空模様

fuwako.exblog.jp

追記

新学期こそ授業はまじめに
あらゆる授業に顔を出して先生を知る
こんな人がこんなことをやっているんだーと
[PR]
# by fu-wako | 2009-10-24 12:56 | Diary

まとめ?

無駄になることはない。
どんな場面でもどんなときにも。
領域に依存しない力、道具。
そういうものを持っておくと強いというのは、方法論の問題。
直面した課題を切り開いていくときに必要となるもの。

同じ領域の中でつるむのではなく、隣りのちょっと似てる、でも違う人々と親戚関係をつくっていく。
サマーウォーズのイメージ。
似ている人と似ている人の、ゆるやかにつながる関係、それをぐるっとひとまとまりにすること、それがコミュニケーションの在り方。
人と人の対峙だけでなく、そこに含まれていく周りの関係性も取り囲んでいく。
[PR]
# by fu-wako | 2009-10-24 12:47 | Diary

昨日のつづき

プロデューサーとディレクター。
1歩引いたところから見る、直接的に介入する以外の方法もとる。
そんな研究者の姿勢はプロデューサーに似ているという。

教育学という領域ではマージナル(境界付近)にいる人、経営学という領域もしかり、
そういう人々がぱちっと出会い、お互いを浸食することなく進む関係は、
新たな学問の扉を開く流れ・力をつくるという。
そしてその2つのぶつかりをさらに見つめる人もあり。
もう少し直接的に入っていく人もあり。

決してぶつかって喧嘩して分かれるのではなく、
お互いをよく知り過ぎているからこそ、つぶし合わずに住み分けるスマートで平和な関係。
そういう場所に自分がいることの不思議。

何か新しいことを聞いたら、とにかく誰かに話す。
伝えて広げる。
あぁいい話を聞いたと満足しきって終わりにしてはだめ。
それをどう使うか。
書き留めておいたうちの、使えるのは1/3以下という。
それでも、次につなげる意志があればかなうのだ。
[PR]
# by fu-wako | 2009-10-24 12:39 | Diary

タイプの対比

勘がとてもいい人。
たしかにひらめきは速く、問題解決も早い。
一方で勘はさほどよくないけれども、手順をきちんと踏める人。
解くのに1番時間がかかろうとも、そのプロセスを誰よりも説明することができたという。
応用可能な武器を身に着けるということ。
道具を持てば、どんな領域でもやっていける。
[PR]
# by fu-wako | 2009-10-24 01:34 | Diary

追記

記憶をこぼしてしまうのでキーワードだけ。

聞く・話すが得意な人 cf 読む・書くが得意な人

自分のtwittr上でのつぶやきの受け止められ方が気になる人

30、100という壁となる数

オンライン・オフラインにかかわらず、な特性

年賀状、mixiに見る数

マスメディア的にいいアイディアを伝えて広げていこうとtwitterを活用する人

twitterの向き・不向き
[PR]
# by fu-wako | 2009-10-24 00:32 | Diary

書き溜め

「今日はいい学びをした」はよくない感想らしい。
満足してもそこで止まってしまうから。
そこからどう次につなげられるかが鍵で、書き残さないとそこで閉じてしまう。
どんな形であれ、書き留めておくこと、記し残しておくことが大切だと習う。
いつか自分が読み返せるというメリットだけでなく、他の人がそこから次の学びを引き出すことができるという連鎖。
twitterはそこの可能性を確かなものにしているという、新たな味方を教えていただく。
以下、時間がたつほどにぽろぽろとこぼれ落ちてしまいそうなお話たちの記憶。

---

山登りのお話。
登る山は同じでも、登り方はさまざまあるという。
「あと何歩」と思う人もいれば、「いま何歩」と感じる人もいる。
ゴールを見据えてそれに向かうアプローチを考える人もいれば、道具を持つことに時間をかける人もいる。

その道具とは…
たくさんの中からガバッと獲物を打ち落とす人もいれば、それをどういうふうに切り分けるか、調理するかを考える人もいる。
道具を持つとはまさに、後者のような、誰もが享受できる形に獲物を解体していく人のやり方を指す。
そのやり方もまたさまざまで、それはその人の特性・タイプ?という話。

---

どうしてこんなに必死に書き連ねているかと言えば、聞いたことを消化してからまとめ書きするには時間がかかり過ぎるから。
話を聞いたら、忘れないようにすぐトイレに立つ。
そしてひたすらメモる。
それなくして、聞いたことが止まっていてはくれない。

---

指導方法の変化に、その人の重ねた年を思う。
自分と学生との距離が近いほど、自分の一言の大きな影響力に学生が引きずられてしまうことを心配し、直接的な介入を控える。
年を重ね、距離が開き、学生+αの長となったとき、自分と学生との間にクッションとして入る人に何かを託すことで、直接的に物を申すようになるかもしれないというロジック。

---

コミュニケーションは、従来言われていたような、人から人への単なる情報伝達ではない。
もちろん情報は100%正確に伝わることなどないのだから。
ある人とある人との間にリンクができ、コミュニケーションが起きる。
それだけの話ではない。
そこに別の人が加わり、それをも含めたぐるりと取り囲める範囲でのコミュニケーション。
これからはそういう、広きを見据えたネットワーキングへと移っていくろのではないか。

---

とりあえず全部おしまい。
[PR]
# by fu-wako | 2009-10-24 00:27 | Diary

幸せを奪うもと

気付いちゃった。
わたしは今まで、
人にしてもらうこと、
人から与えてもらうこと、
そればかりを考えてた。
心の底から悔やましい。

大好きな気持ちも、
それに伴うふんだんな思いやりも、
手放しで放り投げたことがないのだと気付いてしまった。
気付けてよかった。

もらうことではなくあげることを、
心から喜べる人になりたい。
[PR]
# by fu-wako | 2009-10-20 21:51 | Diary

少し落ち着いてきた

自分がどうしたいかを決められずにいることに,
昨日電話をくれた友達が気づかせてくれた。
心配して,かけくれた,眠る前の大事な電話。

相手との関係性が崩れるかもしれないことを心配する余り,
自分がどうしたいのか,
頭からすこーんと抜けていた。

好きだと言いたい?No
今まで通り,楽しく話したい?Yes
周りにいろいろ感づかれたくない?Yes
相手に傷つけられたくない?Yes
きちんと整理して次に進みたい?Yes
引きずりたくない?Yes
まだ期待している?少しYes
でも割り切りたい?Yes

これで決まったかなーと思う。
気持ちがごっちゃなこと,時間と距離を置きたいことを前置きしておきたいという願い,これまで通り楽しく接していきたいこと
この3つを大事にしたいのかな,たぶん今は。
この「今」がくせものなのだけど 笑。

自分が抱えている気持ちの重たさほど,相手は何も抱えていなくて気づいてもいなくて,
うらみ?ごとを言い始めたらきりがない,自分が醜くなる,それだけはいやなので,
そういうどろどろしたものでいっぱいになる前に,
まだ感謝の気持ちが残っているうちに,
伝えておこうかなと思ってメールをした。

そのメールのせいで相手が困ったらどうしよう,
これ以上わずらわしいと思われたらどうしよう,
これで決定的にだめになったらどうしよう,
心配も不安もつきなくて,
これでもかこれでもかと湧きがってくるけど,
こんなに凹んでるのだから,この際全部出して出しきっちゃえと
思っての決意メール。
これで最後,いつまでもうじうじしない。
うじうじしてる自分を可愛がりすぎると,本当に登れなくなる。
これ幸いと不幸神にとりつかれそうだ。

さ,たまってることをやろう。
最近インタビューした先生の記事をまとめて,
今月末にあるイベントのスタッフさんをお願いして,
ぱりぱり動いてみよう。
だめそうだったら,また止まろう。
[PR]
# by fu-wako | 2009-10-18 15:47 | 恋水

つぶやけばつぶやくほど

どうやってこの気持ちにピリオドを打って終わらせればいいんだろう
どうやって今のみぞおちの重さをどうにかすればいいんだろう
誰かが何かをしてくれるわけじゃないくて,
自分が変わって,自分で変えていかなければ。

本当にかなり引いて自分を見てみると,
初めはとっつきにくいなーと思った人が,別の研究室仲間と仲良く話していて興味を持ち,
話しかけてみたけどそのときは何とも思わず,
3月くらいもまだ何とも全然思わず,
一目ぼれではないことだけは確か。
かっこいいとか,魅力的とか,そういう意味付けはもっと経ってから,
じわりじわりときたような。

ふと気づいたら,席が目の前に来てて,
そのときかなり,どきっとして意識をした。
なんだなんだ,と。
好意のようなあたたかさを,その言動に,目に,表情に感じるようになった頃と,
たくさん話して,2人でご飯を食べに行くことが増えたあたりがリンクする。
気持ちが,思いが,話が,興味の対象が,ひとつひとつがどこか似ていて,どこかクロスしていて,
そのことがうれしくて,
それを確かめられる相手ができて本当にうれしくて,
やや浮かれ始めたのが梅雨頃?

その後,その人が他の人と仲良く話すたびに胸がうずき,
言葉や動きの端々を意識し,過敏になり,
自分の汚い部分が目につくようになり,
やきもちとか,ジレンマを感じるようになったのが夏休み。

でも,すーっと通じ合う楽しさ,喜び,そういうものに支えられ,
毎日がキラキラし始めたのもその頃。
その一方で,いろいろ傷つく事が増えて,しんどいことも増えて,
自分がその人に抱く対抗心(研究の)にさいなまれてもうやめたいと思ったのも夏休み。

それからようやく解放されて,
その人はその人,わたしはわたし。
いつかは同じようなゴールを見て,同じような夢を描いて,一緒に歩んでいけたらさぞいいなーと思い,
期待をし,膨らませ,言葉じりや目線に意味をもたせ,独り相撲が加速したのが夏休みの後半。
学会中のやりとり,その人がさそってくれたイベント,楽しい場,
時間を共有すること,楽しさを語り合うこと,そのすべてがしあわせで,
完全に夢を見た,独りよがりの,覚めたらみじめで悲しい夢。

今そこから覚めさせられて,とってもじゃないけど立ち直れていない。
泣きたい,思いっきりはきたい,どこかに行っちゃいたい,逃げたい,ここから消えたい。
何かに溶けて,なくなってしまいたい。
普通の日々を,たんたんと送らなければいけないあさってからが,
思い描いただけでつらい。

そう思う一方で,かわいそうな自分をあっためそうな自分のずるさに,ちょっとずつ気づきつつあるのもまた事実。
つらい。
[PR]
# by fu-wako | 2009-10-17 16:35 | 恋水

こんなふうに

話を聞いてくれた人にメールをしました。
今はまだ何をしても,みぞおちの辺りの,どんよりした重さが晴れないけれど。
出せることは出して,みぞおちの重さを上にあげて,えいって吐き出したい。

相手も何かを感じるのか,事務的なメールに,事務的なお返事が返ってくる。
そこに,今までのような+αはなく,あぁ,わたしの気持ちのぶれに気づいているんだなーと思う。
そう考えると,今までの半年間,ただ仲良くしてくれたことに何の意味もなく,わたしが募らせた気持ちはひとりよがりで,相手が望んていたのは,「良き研究室中間」というわたしだったんだなぁと気づかされてしまう。
今さらながら,「あなたの独り相撲かも」と言い続け,「距離をとったほうがいい」ときついアドバイスをくれていた母親の凄さを思う。
すごい,何が見えていたんだろう。
でも,その忠告にほいほいと従わず,むしろ真っ向から勝負をかけて今度はよかったと思う。
だって悔いが残らない。
かっこ悪くてどうしようもなくて,恥ずかしさにさいなまれる日々だけど,よかった。
精いっぱいに接しておいてよかった。
最後のひとことは言ってないけど,一生懸命に心を砕いておいてよかった。
このままぱりんぱりんと砕け散って,今度は自分のペースで丁寧に貼り合わせていこうと思う。

たった一時だけど,パートナーがいる幸せや,心を通わせる楽しさ,苦しさ,ジレンマ,そういうものを教えてくれて,共有できたその人に感謝したい。
自分が見栄っ張り,意地っ張りで,卑屈で,負けず嫌いで,強がりだというどろどろしたものに気づかせてくれたこと,
実は相手からの見返りを今まで支えにしてたこと,
やっぱり人並みに弱い,傷つきやすい部分があるということ,
そういう,1人で楽しんでいる毎日からは得られない苦しさ・つらさ・しんどさを教えてくれたその人に,
その人の,恨みたいけどうらめない優しさに,ずるいけど引き寄せられてしまう魅力に,
今はただ責めることもできず,苦しんでばかりの自分に,
全部に感謝していたい。

-------

さっき友人に送ったメールを貼っておく。
そのときから今まで,だいぶ気持ちが動いたみたいだ。

---

お手紙どうもありがとう!
ト音記号のクリップ,元気でます。

昨日の夕方は本当にありがとう。その前の日も。
今,それを思い出したら,涙が...
ばーっと泣いて,ぱっと忘れて切り替えられたら,と何度も思います。
こういうことでぐるぐる立ち止まるために,修士に進んだんじゃないのにって。
勝手に好きになって,勝手にぐらぐらして,
自分の幼さが,にくらしいし,恥ずかしくて。
でもそれを,あなたに話せて聞いてもらって,あなたの言葉や話もいっぱい聞けて,
本当に本当に感謝です,ありがとう。

自分で思っていたよりも,
急速に距離が縮まったことがうれしかった分,跳ね返ってくるキツさにまいってます。
普段が気丈に見える分,いろいろなことに平気そうに見える分,
これからもそんなふうに,何もなかったように,研究室の仲良し中間として普通に振る舞う自信が,
まだないみたいです...
でもそんな動揺を露骨に出してしまったら,
今度こそ●●くんが困るし,その後も微妙な雰囲気になるのだけは避けなくちゃ,
でも今はまだちょっとむりだ・・・とぐるぐるしてます。

つい強がってしまう見栄っ張りな部分のせいで,
昨日,あなたに混乱したままをぶつけて困らせたんじゃないかな(このメールも・・・)と,
少し心配です。

今はただ,受け止めてもらったことに感謝です。
ありがとう。
[PR]
# by fu-wako | 2009-10-17 15:49 | 恋水